FC2ブログ

2007-12

JALの綱渡り

またぞろ、JALの周辺が騒がしくなってきました。そのひとつは資金調達。未確認ですが、3000億円を調達しようと奔走しているといいます。具体的な方法としては、起債、DES(デッドエクイティスクワップ)、資産売却の3つを使い、それぞれ1000億円ずつ調達する皮算用だそうです。起債の引受先は欧州系の投資家あるいは米ファンド「TPG」という外国頼み。融資を株式に換えるDESは銀行団が難色を示しているらしい。資産売却にいたってはJALカード株のほか、旧JASの羽田格納庫売却で500億円(うち400億円には抵当が付いているのでキャッシュフローの実入りは100億円程度)を見込んでいるそうな。いずれもかなりの苦肉の策ですが、実現できるかどうかはこれからでしょう。それにしても、なぜこれほど焦っているかといえば、来年度の新たな借金のために財務諸表をきれいにしなければならないからだというから、まるで綱渡りですな。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクション作家。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」。18年「悪だくみ 『加計学園』の悲願を叶えた総理の欺瞞」(文藝春秋)が大宅壮一ノンフィクション賞受賞。
主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)、「日本の暗黒事件」(新潮新書)「高倉健 七つの顔を隠し続けた男」(講談社)、「悪だくみ 『加計学園』の悲願を叶えた総理の欺瞞」(文藝春秋)、「地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団」(講談社)、「官邸官僚 安倍一強を支えた側近政治の罪」(文藝春秋)など。最新刊は「ならずもの井上雅博伝 ヤフーを作った男」(講談社)。2021年「鬼才 伝説の編集人齋藤十一」刊行予定

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する